警察と罪悪感が追いかけてくる!?ドラマ「 僕たちがやりました」!

僕たちがやりましたの動画1話~10話(最終回)を見逃した方再放送を探している方

今すぐ動画を無料視聴できる方法をご紹介します。

 

毎回、警察に捕まるのではないか!?仲間が裏切るのではないか!?と緊張感のある展開がたまらない僕たちがやりました!

今回は、どんな展開が待っているのでしょうか!?
僕たちがやりました3

僕たちがやりましたのドラマ動画1話~最新話まではU-NEXTで視聴できます!

(ドラマ放送後当日中に配信開始!)

↓↓↓

今すぐクリック!U-NEXTの31日間無料キャンペーンはコチラ!

パッと読むための目次

僕たちがやりました10話(最終回)のあらすじ

僕たちがやりましたstory10
ライブ会場に乱入し、大勢の観客の前で「僕たちがやりました!」と罪を告白するド派手な自首をぶち上げた、トビオ(窪田正孝)、伊佐美(間宮祥太朗)、マル(葉山奨之)、パイセン(今野浩喜)。

ところが、動物のマスクを被った謎のグループに襲われて気を失い、そのまま 連れ去られてしまった

 

トビオらを拉致したのは、輪島(古田新太)の指示を受けた西塚(板尾創路)、玲夢(山田裕貴)たちだった。

4人が前代未聞の自首を決行する一方、事件の真相を告白する動画を公開していたせいでネットは騒然。

この騒動に 激怒した輪島から、パイセンを殺せと命じられたというのだ。

 

「小坂秀郎はこれから殺される。あなたたちはもう関係ない。全部忘れてください」。

西塚はトビオ、伊佐美、マルにそう言い放つと、絶体絶命のパイセンを残して10秒以内に消えろと迫り…。

僕たちがやりましたstory10

一方、動画を見た蓮子(永野芽郁)はトビオを苦しめていた事件の全貌をようやく知り、トビオの元に駆けつけるが、すでにトビオらの姿はなく…。

同じ頃、安否もわからないトビオらの行方を追う飯室(三浦翔平)に、菜摘(水川あさみ)はある重大な事実を打ち明ける。

 

ささいなイタズラ心をきっかけに、大きな過ちを犯してしまったトビオたち。

罪の意識にさいなまれ、過酷な逃亡生活を経験した結果、“最高の自首”を選んだ4人。認められない罪が認められ、彼らは罪を償う事ができるのか!?

原作を超える衝撃のラストが待ち受けている!

僕たちがやりました動画1話~10話(最終回)をU-NEXTで今すぐ見られる!

「僕たちがやりました」のドラマ動画1話~最新話までは、UーNEXTで今すぐドラマ動画を見ることがます!

↓↓↓

今すぐクリック!U-NEXTの31日間無料キャンペーンはコチラ!

U-NEXTの31日間トライアルに無料登録すると、僕たちがやりましたの動画が今すぐ見られます!

600円分のポイントが貰えるので、ポイントを使って他の新作ドラマなども見られますよ。

 

※ご登録の際にクレジットカードかけいたいキャリア支払いの選択が可能です。但し、無料期間内に解約手続きを行えば費用は一切発生しませんのでご安心下さい。

実際の配信される動画に関してはそれぞれのサイトで最新情報の確認をお願いいたします。

色々使ってみて、ご自身にあったサービスを継続するのがオススメです。(すごい、楽しいので。)

僕たちがやりました動画10話(最終回)への期待点とみどころ!

僕たちがやりましたstory10

いよいよ最終回

ちょっとしたイタズラ心で学校を爆破してしまった僕たちがやりました!

いよいよ感動の最終回!

果してトビオ達が、求めていた幸せは手に入るのか!?

逮捕?日常?最後の決断

自身の罪悪感から公開の自首を行ったトビオ達でしたが、輪島の手によって捕まってしまいます。

そこでは、パイセンを諦めて日常生活に戻れという脅迫を受けます。

これが、日常生活に戻る最後のチャンス!?

果して、トビオ達が選択するのは、自首か?日常生活か!?

彼らの選択とは!?

僕たちがやりました動画1話~10話(最終回)を見逃した方に!無料で見る方法!

再放送を待たなくても、U-NEXTで愛してたって、僕たちがやりましたのドラマ動画を見られます!

↓↓↓

今すぐクリック!⇒U-NEXTの31日間無料キャンペーンはコチラ!

U-NEXTの31日間トライアルに無料登録すると、愛してたって、秘密はある。動画が今すぐ見られます!600円分のポイントが貰えるので、ポイントを使って他の新作ドラマなども見られますよ。

※ご登録の際にクレジットカードかけいたいキャリア支払いの選択が可能です。

但し、無料期間内に解約手続きを行えば費用は一切発生しませんのでご安心下さい。

実際の配信される動画に関してはそれぞれのサイトで最新情報の確認をお願いいたします。

色々使ってみて、ご自身にあったサービスを継続するのがオススメです。

(すごい、楽しいので。)

 

僕たちがやりましたの動画最新話が見られるU-NEXTに登録すると、こんなに楽しい!!

 

U-NEXTで見られる作品①ダメな私に恋してください(ダメ恋)の動画が1話~最終回まで見放題で見られる!!!

やっぱりダメ恋はオススメですし、サスペンスが好きな方は、前クールで視聴者満足度が高かった「SPEC」が見放題になるのでオススメですよ。

最新作品は他の動画配信サービスでも課金対象なのですが、U-NEXTなら見放題で見られるので、全話見れば3000円分位お得です。

 

ダメな私に恋してください

引用:http://www.tbs.co.jp/

 

SPEC

引用:http://www.tbs.co.jp/

 

U-NEXTで見られる作品③大人気映画の『君の名は。』も視聴できちゃいます!!

『君の名は。』を見逃した人はもちろん、もう一度見たい人も要チェックです!!

君の名は

 

U-NEXT無料登録で600ポイントもらえるので、実は有料の最新映画も実質無料で見られる!

 

U-NEXT31日間無料トライアルにに登録すると、無料登録なのに、600円分のポイントが貰えてしまうんです!

無料で登録するだけなのに、600円もらえるってすごいですよね。

このポイントを使えば、有料になっている最新作品も実質無料で見れちゃうわけ。

こんなにたくさんの新作映画が見られるので、レンタルDVDで借りたり映画館に行かなくても自宅でホームシアターできちゃいますよ。

 

  • 映画「64-ロクヨン-前編」
  • 映画「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」岩田剛典×高畑充希主演。
  • 映画「ビリギャル」
  • 映画「家族はつらいよ」
  • 映画「スイートプールサイド」
  • 映画「天空の蜂」
  • 映画「超高速!参勤交代 リターンズ」

お申込みはこちらから!まずはU-NEXTにどんな作品があるかチェックしてみてね!

 

再放送を待たなくても、U-NEXT無料登録で僕たちがやりましたのドラマ動画を見られます!

↓↓↓

今すぐクリック!⇒U-NEXTの31日間無料キャンペーンはコチラ!

 

U-NEXT31日間の無料トライアルに登録すると、僕たちがやりましたの動画が今すぐ見られます! ポイント内なら他のドラマの動画も見られますよ。

僕たちがやりました各話紹介

僕たちがやりました4話のあらすじ

僕たちがやりましたstory4
今宵(川栄李奈)のアパートに伊佐美(間宮祥太朗)と身を隠すも、

市橋(新田真剣佑)と仲間たちに捕まってしまったトビオ(窪田正孝)。

爆破事件で負った大ケガがもとで体の自由を奪われた市橋は、その恨みを晴らすため、仲間にトビオを襲わせようとするが、トビオは隙を突いて逃げ出す。

僕たちがやりましたstory4

そんな中、蓮子(永野芽郁)からの『今から会えない?』というメッセージに気付くトビオ。

菜摘(水川あさみ)の話をヒントにつかんだ、「矢波高の教師・熊野(森田甘路)こそが爆破の真犯人だ」という疑惑を蓮子に全て話そうと、指定された待ち合わせ場所に向かうが、そこには刑事の飯室(三浦翔平)と話す蓮子の姿が…。

僕たちがやりましたstory4

同じ頃、トビオの金を奪って姿を消したマル(葉山奨之)は熱海に逃れていた。

大金を手にしたのをいいことに夜の街で豪遊するマルは、店で知り合った女性に入れあげ、湯水のように金を使っていた…。

僕たちがやりましたstory4

また事件の直後から行方をくらましているトビオ、伊佐美、マルを刑事の飯室は共犯者だと確信、パイセン(今野浩喜)への追及を強めていた。

そんななか、弁護士の西塚智広(板尾創路)がパイセンのもとに現れて…。

僕たちがやりましたstory4

一方、はぐれていた伊佐美と再会したトビオは、熊野への疑惑を話す。

自分たちの無実を証明するためには、熊野の犯行の証拠をつかむしかない!と息巻く2人は、留守を狙って熊野の家に侵入。

そこで、とんでもないものを見つけて…!?

僕たちがやりました動画4話への期待点とみどころ!

僕たちがやりましたstory4

パイセンが捕まった!

今まで頼りになった?パイセンでしたが、ついに警察に捕まってしまいました

1人が捕まったということは、そこから芋づる式捕まってしまう可能性は、非常に高いです!!

トビオ達が取る、選択肢はもうない!?

マルの裏切り

運命共同体だったはずの4人は、次第にバラバラになっていきます。

そんな中、マルと行動をともにしていたトビオは、とんでもない裏切りにあう!?

全てを失ったトビオに、ある人物が現れて…

僕たちがやりました3話のあらすじ

僕たちがやりましたstory3-1
罪の発覚を恐れてパイセンとマルと共に海外逃亡を図ろうとするも、目の前でパイセン(今野浩喜)が警察に逮捕され、空港から逃げ出したトビオ(窪田正孝)。

だが、自分も捕まるのではないかとおびえ、学校にも行けず家にも帰れない。

僕たちがやりましたstory3-2

まもなく、空港に現れなかったマル(葉山奨之)からトビオに電話が入る。

最初から2人との約束をすっぽかすつもりだったと、許しを請うマルを呼び出したトビオは、一緒に逃げようと提案。

さらに、どうせ捕まるのなら、“死ぬまでにやりたいこと”をすべて書き出し、パイセンにもらった金で実現しようと持ちかける。

僕たちがやりましたstory3-3

同じ頃、パイセンは警察で飯室(三浦翔平)の取り調べを受けていた。

飯室は矢波(やば)高の教師・熊野(森田甘路)の証言などから、共犯者がいると確信。

パイセンを厳しく問い詰めるが…。

病院では、爆発で重傷を負った市橋(新田真剣佑)がリハビリに励んでいた。

犯人とにらむトビオらへの復讐(ふくしゅう)を誓う市橋は「あいつらを、早く見つけてこい」と仲間に命じて…。

 

一方、「やりたいこと」の一つ目を実行するため、夜の歓楽街に繰り出すトビオとマル。

2人は、初めての世界に大興奮!しかし翌朝、トビオをがく然とさせるまさかの事態が起こり…。

僕たちがやりましたstory3-4

その夜、トビオはある目的で凡下高に忍び込むが、担任の菜摘(水川あさみ)に見つかってしまう。

蓮子(永野芽郁)がトビオのことを心配している、と聞かされて動揺するトビオ。

そんななか、菜摘が「爆破事件と関係しているのかも…」と、事件前夜の熊野の不審な行動を話し始める。

僕たちがやりました5話のあらすじ

僕たちがやりましたstory5

罪の意識に苛まれながら逃亡を続けるトビオ(窪田正孝)は、ひょんなことから出会ったホームレスの男・ヤング(桐山漣)に関係を迫られ、絶体絶命のピンチに!

だが、このことをきっかけに蓮子(永野芽郁)への思いに改めて気づく。

蓮子もまたトビオへの思いを募らせ、市橋(新田真剣佑)とともに毎日トビオの行方を追っていたが…。

僕たちがやりましたstory5

そんななか、あることにショックを受けてぼう然と街をさまよっていたトビオは、偶然、今宵(川栄李奈)に出くわす。

そのまま今宵のアパートに転がり込んだトビオは、かいがいしく世話を焼く今宵のやさしさに甘え、2人きりの生活に溺れていく。

 

警察では、突然出頭してきた真中幹男(山本浩司)に署内が騒然となっていた。パイセン(今野浩喜)にそっくりのその男は、爆破事件の真犯人だと名乗り、犯行を自供。

飯室(三浦翔平)は、背後で糸を引くある人物の存在を疑い、「誰に指示された?」と問いただすが、男は「自分がやった」と繰り返すばかり。

僕たちがやりましたstory5

一方、ようやく自力で車椅子を動かせるようになった市橋は久しぶりに登校するが、不良のリーダーとして恐れられていたかつての姿は見る影もなく、矢波高生たちの態度はひょう変。

仲間にまで裏切られ絶望する市橋は、蓮子の変わらない態度に励まされる。

そんな折、市橋に子分扱いされていた下級生の有原正樹(吉村界人)がリーダーの座を奪おうとたくらみ、市橋と蓮子に襲いかかって…。

僕たちがやりました動画5話への期待点とみどころ!

僕たちがやりましたstory5
ひょう変したヤング(桐山漣)にトビオ(窪田正孝)の貞操が危機に!

ヤングに押さえつけられたトビオは必死に抵抗するも、力では敵わず万事休す。

ヤングの手がトビオの下半身に伸び、トビオは観念したかのように抵抗をやめます。

そんなトビオの様子にニヤリとほくそ笑むヤング。すると、トビオはうつ伏せのまま、泣き始めます…。

僕たちがやりましたstory5

このシーンは、4話のヤングに無理やりズボンを脱がされたトビオのお尻が出てしまう場面から撮影スタート。

本番で、窪田さんが自らグイッとズボンを下げて迫真の抵抗を披露。

すると、モニターを見つめていた監督が急に立ち上がり、「見え過ぎ、見え過ぎ!!」と大慌てで窪田さんに駆け寄りました。

そんな監督の反応にも、窪田さんは「え? 見えていました?」とどこ吹く風。

周りが慌ててしまう事態にも、窪田さんの“見えてしまうことなんて作品づくりにおいては些末なこと”とでも言うような姿勢に、スタッフも引っ張られていきます。

「表現として現実的に難しいことも多々ありますが、できる限り攻められるところは攻めていきたいんです。

それは作品や作品に関わっている人たちがみんな戦っているから。

だから、『お尻を出します』って言われても何の抵抗もないんです」と話す窪田さん。

お芝居に対する真摯な姿勢とそれを支える役者魂が垣間見えました。

僕たちがやりましたstory5

また、撮影の合間では、「トビオがうつぶせになっているところはマイクが音を拾えないから、後で(窪田さんに個別で)音声だけをもらおうか?」と音声スタッフが相談していると、そこに窪田さんが近づいて来て「雑音が入っちゃうかもしれないので、声の別録りも全然大丈夫ですよ?」と声を掛けていました。

たまたま聞こえたスタッフの話に耳を傾け、ひと声掛けることで仕事をやりやすくしていく気遣いを欠かさない姿勢が、よりいい雰囲気とチームワークの良さを生み出しています!

このシーンの撮影はこの日最後の撮影シーンで、時間は深夜。疲れも溜まっている中、自分が映らないカットでも監督に「脱ぎましょうか?(笑)」とジョークを飛ばして笑いを誘い、終始現場を明るく保つ窪田さんの姿に、主役としての在り方を目の当たりにしました。

トビオ、蓮子、市橋の恋の三角関係にまさかのヤング参戦!? 3人+αの関係が静かに変化する第5話、見逃せません!

僕たちがやりました6話のあらすじ

僕たちがやりましたstory6
爆破事件の真犯人を名乗る真中幹男(山本浩司)が犯行を自供し、パイセン(今野浩喜)は釈放に。

大爆発は真中の仕業で、自分たちに責任はないとパイセンから告げられたトビオ(窪田正孝)は、ようやく罪の意識から解放される。

 

まもなく、伊佐美(間宮祥太朗)とマル(葉山奨之)も戻り、再会した4人。

マルがトビオから奪った金を使い果たし、伊佐美の金まで横取りしようとしたと知ったトビオはあきれるが、事件の前の“そこそこ”に楽しい日常が戻った喜びが、マルへの怒りを忘れさせてしまう。

僕たちがやりましたstory6

同じ頃、菜摘(水川あさみ)が不審な動きを見せていた。

弁護士の西塚(板尾創路)から「“協力”の礼に」と金を受け取った菜摘は、その夜、帰宅したパイセンの前に現れて…。

 

一方、事件の結末に納得がいかない飯室(三浦翔平)は、闇社会のドン・輪島(古田新太)が事件に何らかの関わりがあるのではないかと疑い、輪島に会いに行く。

僕たちがやりましたstory6

ある日、蓮子(永野芽郁)がトビオの元を訪ねてきた。

トビオへの容疑が晴れたことを喜ぶ蓮子。

市橋(新田真剣佑)と蓮子の仲を疑っていたトビオだが、誤解とわかり、2人はいいムードに。

 

翌日、トビオたちはパイセンの自慢げな告白に驚く

なんと菜摘からデートに誘われたというのだ。

1人では心細いのか、無線マイクと隠しカメラを用意していたパイセンは、菜摘との会話をこっそりモニターするようトビオたちに頼むと、いそいそとデートに出かけていくが、菜摘には全く別の思惑が隠されていた…。

僕たちがやりました動画6話の現場の雰囲気をレポート

僕たちがやりましたstory6
事件の真相を追う飯室(三浦翔平)は、輪島(古田新太)の元を訪れます。

輪島は高級クラブで気持ちよさそうにカラオケを歌いながら、一万円札をホステスの胸元に差し込んでいき、同席していた玲夢(山田裕貴)らと大盛り上がり中。

飯室が輪島の席に近づいて行くと、西塚(板尾創路)に「何かご用ですか?」と止められます。

 

爆破事件のことについて聞きたいと言う飯室に、西塚は「あの事件はもう解決したはずですが?」と話し、「顧問弁護士の私がお聞きしましょう」と、輪島に近づくことを許しません。

既に事件は解決しており、この行動が勝手な行動であるため黙る飯室に、西塚は「どうしました? これは正式な捜査ではないんですか?」とたたみ掛けます。

今はこれ以上動けないと悟った飯室は、「あんたらの好きにはさせない。そうお伝えください」と言い残し、その場を去りました。

 

事件の真相を追う飯室と、裏の力で事件を捜査したであろう輪島側の緊迫感あふれるシーンでは、輪島が歌いながらホステスたちの胸元に一万円札を入れていく場面から撮影。

撮影の関係上、流れる曲に合わせて歌唱、アカペラで歌唱、口パクなど、いろいろなパターンで同じ場面を繰り返して演じる古田さん。

その度に、ホステスたちの胸元に一万円札を入れていきます。

そんな中、古田さんは「何なんだ、このシーンは…(笑)」とぼやいてみせ、一同を笑わせていました。

また、撮影の合間では、山田さんやホステス役のキャストたちと歓談しながら間を持たせ、時折ジョークを飛ばして現場を盛り上げていました。

僕たちがやりましたstory6

飯室&西塚の撮影では、輪島の席のような軽やかな雰囲気とは逆に、どこかピリついた空気が流れていました。

丁寧な言葉の裏に隠れた、激しい気持ちのやり取りを表現するシーンのため、三浦さんと板尾さんの佇まいに、役者としての“気持ちの組み立て”が垣間見えました。

 

本番では、三浦さんと板尾さんが、演じる2人の表面上の会話とは違った本心の部分をじわりとにじませるお芝居に、スタッフも息をのみます。

「どうしました?」という台詞をあえて語気を強めて発することで会話のイニシアティブを掴もうとする西塚の心情を表現した板尾さんに対し、三浦さんは軽い舌打ちの後、にやりと笑みを浮かべることで敗北ではなく勝利のための一時撤退であるという飯室の意思を表しました。

お2人が紡いだ、台詞が少ない中で行われた静かで激しい戦いにぜひご注目ください!

 

また、この場面では、監督が輪島のSPに細かい動きを指示。

西塚に動きを止められた飯室を警戒したリアクションを演出することで、輪島のVIP感を強調すると共に、視聴者に向けて、輪島にとっての飯室の危険度を表しました。

一つのカットの中に、登場するキャラクターの感情やそれぞれの立場・力関係などを詰め込み、深みと多くの意味を含ませていきます。

晴れて事件の無実が証明され、再び“そこそこ”な日常を謳歌し始めたトビオたち。

そんな中、パイセンと菜摘が急接近…!? 第6話お楽しみに!

僕たちがやりました7話のあらすじ

僕たちがやりましたstory7
爆破事件の真犯人は、やはりトビオ(窪田正孝)たちだった――。

飯室(三浦翔平)に真相を突きつけられ、逃れられない罪の意識に苦しむトビオは、校舎の屋上から衝動的に飛び降りるが、骨折だけで奇跡的に命をとりとめる

僕たちがやりましたstory7

トビオが運ばれたのは、偶然にも市橋(新田真剣佑)が入院している病院だった。

やけに明るいトビオの振る舞いに戸惑う市橋。

実はトビオには、ある決意があった。

「死んだら、それで償おう。でももし生きたら、新しい俺を始めよう―」

事件後、どん底を味わった自分は「幸せになってトントン」と言い聞かせ、罪の意識から逃れるように、今までとは違うトビオになっていく。

僕たちがやりましたstory7

そんなある日、市橋から蓮子(永野芽郁)への思いを打ち明けられたトビオは、2人の恋を応援すると市橋の背中を押す。

一方、心情の変化や入院の事を知らせず、ぷっつりと連絡が途絶えていたトビオに、蓮子は気をもんでいた…。

同じ頃、伊佐美(間宮祥太朗)は飯室が言い放った「一生苦しめ」という言葉に罪悪感をあおられ、事件の被害者たちの家を一軒一軒訪ねては遺影に手を合わせる日々を送っていた。

マル(葉山奨之)は事件のことなど忘れたかのように、クラスメートとのんきにカラオケに出かける日常を取り戻していた。

パイセン(今野浩喜)は、飯室から「お前は父親に愛されていない」と告げられたことで、「愛」を知らない空虚な自分に絶望。

父・輪島宗十郎(古田新太)に会って愛情を確かめようと決意

一度も会った記憶のない輪島のことが知りたいと、菜摘(水川あさみ)のもとを訪ねるが…。

僕たちがやりました動画7話への期待点とみどころ!

僕たちがやりましたstory6

償いは自殺

爆破事件とその後の罪の意識から逃げていくドラマ、僕たちがやりました!

前回明らかになった新犯人の正体は、やはり自分たちだった!

罪の意識から逃れられなかったトビオは、何を思ったのか屋上から飛び降りてしまう。

奇跡的に助かったトビオは、新しい決意を秘めているようで…

それぞれの過ごし方

僕たちがやりましたstory6
真犯人は自分たちで、警察はもう追ってこない…

この2つの事実を知った4人のそれぞれの過ごし方は、バラバラなものだった!

それぞれが出す罪との向き合い方とは!?

僕たちがやりました8話のあらすじ

僕たちがやりましたstory8
ついに蓮子(永野芽郁)とつき合うことになったトビオ(窪田正孝)

飯室(三浦翔平)の「一生苦しめ」という言葉を思い出しても以前のような苦しみには襲われなくなり、幸せの絶頂に浸るが、気がかりなのは蓮子に思いを寄せる市橋(新田真剣佑)のこと。

2人の仲を打ち明けようと病院を訪ねるが、市橋の唯一の身内だった祖母が亡くなったと知り、言いそびれてしまう。

 

一方、伊佐美(間宮祥太朗)は事件の被害者たちへの弔いを終え、意気揚々と今宵(川栄李奈)のアパートへ。

ところが、伊佐美の子を妊娠したと告白する今宵に、なぜか別れを切り出されあ然としてしまう。

マル(葉山奨之)は自分を襲った覆面の男の正体を察し、報復に息巻いていた。

僕たちがやりましたstory8

パイセン(今野浩喜)は飯室から教えられた情報をもとに、ようやく輪島(古田新太)の居所を突き止める。

そこに向かうとパイセンの異母弟・原野玲夢(山田裕貴)が輪島の指示を受け、無防備な男を暴力で痛めつけていた。

勇気を振り絞って輪島の前に飛び出し、息子だと名乗るパイセン。

だが、輪島から告げられた残酷な事実にがく然とする。

 

同じ頃、トビオは、市橋が足の完治は絶望的だと医者に宣告されたことを知る。

そもそも、全ての原因は自分にあると思い悩みながらも、市橋を支えたいと思い、仲を深めるトビオ。

少しの希望を見出すが、蓮子との仲を打ち明けられず、複雑な思いを抱えていた。

もんもんとするその様子に気づいた市橋は「言いたいことあんじゃねえのか?」とトビオに声をかけた…。

僕たちがやりましたstory8

自分たちの起こした事件に、それぞれの決着をつけようとするトビオたち4人。

そんな彼らを待ち受けているのは、希望か、それとも…。

僕たちがやりました動画8話への期待点とみどころ!

僕たちがやりましたstory8

逃亡生活の果に手に入れたのは幸せ!?

ちょっとしたイタズラ心から爆破事件を起こし、警察と罪悪感から逃げ続ける僕たちがやりました!

やっと逃亡生活を終え、トビオは正式に
蓮子(永野芽郁)とつきあうことにありました。

事件のことを忘れることはできませんが、ほのかな幸せを感じることが、できていましたが…

忍び寄る罪悪感

そんな幸せなトビオでしたが、気がかりなことがありました。

それは、病院生活で仲良くなった市原のことです。

市原の好きな人である蓮子とつきあったことを、なかなか市原に報告できないでいたトビオと蓮子。

しかし、タイミング悪く、2つの不幸が市原を襲います。

全てを失った市原がする決断とは!?

僕たちがやりました9話のあらすじ

僕たちがやりましたstory9
市橋(新田真剣佑)が自ら命を絶ち、がく然とするトビオ(窪田正孝)。

飯室(三浦翔平)は、爆破事件で人生が一変し、生きることに不自由を覚えるようになった市橋が、自由を求めて自殺を選んだのではないかと指摘。

結局、事件の真相を市橋に隠し通したままのトビオに「こんなこと言ってもわからないか。君は今“自由”だもんね」と追い打ちをかける。

僕たちがやりましたstory9

市橋への罪悪感があふれ出したトビオは「俺が殺した」と錯乱状態に。

その姿に蓮子(永野芽郁)は、トビオがただならぬ秘密を抱えていることを察する

同じ頃、父・輪島(古田新太)に愛されていないことを思い知らされたパイセン(今野浩喜)は、輪島への復しゅうに失敗した菜摘(水川あさみ)に「後は俺に任せて」とある決意を告げ…。

僕たちがやりましたstory9

一方、飯室の言葉が頭から離れないトビオは、本当の“自由”を手に入れるための道は自首しかないと考え、決意を固める。

翌日、学校に集まった伊佐美(間宮祥太朗)、マル(葉山奨之)、パイセンも時を同じくして、それぞれの思いから自首する覚悟を決めていた

しかし警察に出頭しても、また輪島にもみ消されてしまうと考えた4人は、パイセンの全財産を注ぎ込み“世の中がひっくり返る最高の自首”をしようと計画。

それぞれの逃亡生活を送ってきた4人が、再び心を一つにする。そこでトビオが思いついた作戦とは…。

決行の日を前に、蓮子をデートに誘うトビオ。すべてを打ち明けようとするも言い出せず、言葉少ないトビオに蓮子は胸騒ぎを覚えるが…。

僕たちがやりました動画9話への期待点とみどころ!

僕たちがやりましたstory9

市原の自殺は自分のせい!?

軽いイタズラのつもりで起こした大事件の罪悪感から逃げる僕たちがやりました!

前回、市原と仲良くなり、蓮子とも交際を始めたトビオでしたが、そこに衝撃の展開が訪れました。

なんと、市原が自殺したのです。

その原因は、紛れもなく、トビオ達の起こした事件のせいで…

自首する決意

トビオだけでなく、かつて仲間だった4人はそれぞれの理由から自首することを決意する。

あれほど警察の捜査から逃げていた彼らの心境の変化とは!?

そして、一世一代のド派手な自首の方法とは!?